血圧を下げるためのドリンク

血圧を下げるためのドリンク

血圧を低下させることを目的とした飲み物も市販されており、その中には「特定保健用食品」としての認定を受けているものもあります。
もちろんこれらの飲み物を飲んだからといって血圧の低下ができるわけではなく、食事療法と運動療法を組み合わせることで初めて効果が期待できるものです。
また、継続して飲むことも血圧を下げるためには必要なこととなっていますので,
効果がすぐに出ないからといって飲むこと自体は止めないようにしましょう。
ほとんどの場合は8週間〜12週間ほどで上の血圧を8〜13mmHG、下の血圧を8mmHG前後ほど低下させることが可能となっています。

 

 

 

なお、これらの市販されている血圧低下を目的とした飲み物の場合は通常の飲み物とは異なりやや割高の金額となっています。
市販されているものであっても血圧を低下させるものがありますが、家庭で同じような効果をもったものを作ることもできます。

 

 

 

そのひとつの方法が玉ねぎの皮を利用した「玉ねぎ茶」です。
作り方としては、1リットルほどの水に対して玉ねぎ3個分の皮を入れて3分ほど沸騰させるというシンプルな方法です。
なお、香りには少しクセがありますがたとえば酢を追加するなど塩分の少ないものを加えることで飲みやすさが上がります。

 

 

 

次に紹介するのはゴーヤ茶です。
まず、ゴーヤを1本縦に割って種をとり、その後適当な薄さに輪切りします。
これを一日太陽に当てて乾燥させ、その乾燥させたゴーヤを薄茶色になるまで燻します。
その後熱湯にゴーヤを入れて5分ほど蒸らせばできあがりです。

 

 

 

市販されているものは少し割高であっても自宅で作ればそれほどお金をかけずに作ることができます。
その分安価にできるのであればより継続しやすいのではないでしょうか。