高血圧下げる方法

なぜ高血圧になってしまうのか

高血圧の状態が健康に良くないことはわかっていても、ではなぜ高血圧という状態になるのか、という点についてはまだ確定されていません。
そんな中でも1割ほどは原因がわかる高血圧というものもあります。

 

 

 

これは「二次性高血圧」と呼ばれるもので、高血圧そのものの原因となる疾病があり、それによって引き起こされるものをいいます。
原因がわかっているので手術でも治療することができるタイプの高血圧です。
しかし、残り9割の高血圧については原因が不明であり、現在の医学ではこれらの高血圧が何によって引き起こされるのか特定がされていません。
こうした原因不明の高血圧については「本態性高血圧」と呼ばれていますが、もちろん全く原因がわからないということでもありません。
たとえば遺伝や生活習慣が原因のひとつとされる場合もあります。

 

 

 

たとえば親が高血圧だった場合の遺伝についてです。
両親ともに高血圧ではない場合ですが、その子供が高血圧になる可能性はかなり低く5%です。
片方の親が高血圧である場合には子供は30%の確率で高血圧となり、両親共に高血圧だった場合には60%もの確率で高血圧になります。
これは、「高血圧」そのものが遺伝するということではなく、高血圧になりやすい「体質」が遺伝するといわれています。
高血圧になりやすいという体質の人の場合は、毎日の生活習慣に注意することで予防することができます。
一度「高血圧」と診断されてしまうとその後の体調管理は決して簡単なことではありませんが、これから高血圧を予防するということであれば十分対応可能でしょう。

 

 

 

・高血圧の症状について
高血圧であることを早期に発見することは決して簡単なことではありません。
その理由は、「高血圧には自覚症状がない」という点にあります。
人によっては頭痛やめまい、動悸、息切れといった症状があってその後病院で「高血圧」と診断されるケースもありますが、これらの症状だけで「高血圧」だと判断できる人はほとんどいないでしょう。
肩こりや頭痛というのは必ずしも高血圧だから起こるというわけではなく、ストレスを抱えている人であればそれが原因で頭痛などになる場合もあります。
動悸や息切れについても年齢的な要因が多いものです。
日常的に貧血になる人の場合はめまいを起こすことも珍しくはないでしょう。
こうした理由から「高血圧には自覚症状がない」といわれています。

 

 

 

そのため、高血圧を早期に発見するためには定期的に血圧を測定することが重要となります。
ちなみに、定期検診で「高血圧」だと診断されることはほとんどありません。
というのは、定期検診で計測する血圧というのはあくまでも「その時限り」のことであり、その時だけの検査で高血圧だと判断できないからです。
何度も血圧を測定し、その傾向をみて初めて「高血圧」だと診断されるため、定期検診の結果で血圧が高くてもそれほど気にしない人が多いのもそのためです。

 

 

 

しかし、高血圧というものはそのまま放置していると命に関わることもあります。
動脈硬化や虚血性心疾患、脳卒中といった恐ろしい病気を引き起こすこともありますので、自覚症状がないからといって高血圧を放置することは避けた方が良いでしょう。